• 家に住み着くネズミは3種類ほど、発見したら即駆除を

    ねずみの種類は世界で1300種類近くいます。

    ハムスターのように可愛いペットのようなねずみもいれば、ドブネズミのような巨大で、気持ちが悪いものもいます。

    ネズミ駆除を詳しく調べるなら便利なサイトです。

    この中で家に住み着くことが多いのはわずか3種類ほどで、ハツカネズミ、クマネズミ、そしてドブネズミです。


    これらのねずみが家の中に住みついてしまうと、駆除するのがなかなか大変な作業になってしまいます。

    そもそも、なぜ家の中に住み着いてしまうのか考えてみる必要があります。

    goo ニュース情報選びをお手伝いするサイトです。

    一つの考え方として、ねずみにとって住みやすい環境となっているということです。

    ねずみにとって住みやすい環境というのは、まず侵入口があるということです。
    侵入口がなければ住み着くことはできません。


    わずか1.5cmほどの小さな穴があれば、簡単に侵入できてしまいます。また、餌や巣材などが落ちていることです。



    言い方を変えると、家の中が不潔な状態であると、ねずみにとって住みやすい環境となってしまいます。保存している食べ物もじかに置いておくのではなく、何か入れ物に入れて置くことが大切です。
    これらの条件が整った上で、さらに天敵がいないことです。
    ねずみの天敵といえば猫をイメージすると思いますが、その他にも蛇やイタチ、カラス、犬も嫌がります。

    つまり、ペットを飼っているねずみにとっては居心地の悪い環境となります。

    ねずみを見つけたら、不衛生なのでそのまま放置しないで駆除しなければなりません。


    まずは市販の駆除グッズを試してみて、だめであればプロの業者に依頼すると良いでしょう。


  • 身に付けよう

    • ネズミの駆除は素人が行うのは非常に難しいため、プロに任せるのが賢明です。ネズミの駆除を行っている業者は科学的な方法で退治を行い、侵入口も遮断してくれます。...

  • 基本知識

    • 家に住んでいると害獣に困らされることが多くあります。そんな、害獣の代表ともいえるのがネズミです。...

  • 身に付けたい知識

    • 日本にはどぶねずみやくまねずみなどの野生のネズミが生息していて、家に侵入して住み着いてしまうことがあり、自分で駆除をしようとする人も少なくありません。家に侵入したネズミは屋根裏に巣を作ることが多いので、屋根裏の巣にいる野生のネズミを駆除しようとする時に、生きているねずみが巣にいることもありますが、生きているねずみを素手で捕まえようとすると噛まれてしまう危険性があり、ねずみは病原体を持っている可能性が高く、噛まれてしまうと鼠咬症になる可能性があります。...

  • 生活について情報

    • 住宅内でネズミが何らかの形で侵入してしまうと、屋根裏や室内などで被害が出ることになります。物をかじることもありますが、それ以外にも糞や尿などによる臭いによる被害や屋根裏などに侵入された場合には、屋根裏を動き回ることでその足音による騒音などによる被害も想定できます。...